スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3,4,5月に読んだマンガ書評

 うわーい、なんか色々と忙しかったんだよね。むしろ、それが当たり前だよ!と思いつつ、ためこんでしまったマンガの感想を行きましょう。

 とはいってもですな。今回、3ヶ月分の割に短いんですよ。理由は僕がマンガを買ってないから。
 来月は6冊くらい出るんで、その時にはどっさり行くと思うんだけどもね。
・めだかボックス 9巻 (原作:西尾 維新 漫画:暁月 あきら)


めだかボックス 9 (ジャンプコミックス)めだかボックス 9 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
暁月 あきら

商品詳細を見る



 まずはめだかボックス!どっかでアニメ化とかなんとか聞いたのでワクワクしているわけですが、黒神くじらが過負荷に覚醒する9巻。
 致死武器が心の傷を開くってのは、さすがに思いつかなかったわけで、このアイディアは素晴らしい。でも、強くなりすぎるんじゃないの?という気はしたが。
 過去に大怪我をしていなければ、大したダメージにはならないわけだから、あれ?微妙。
 球磨川の魅力もよく引き出せている9巻だ。

・めだかボックス 10巻 (原作:西尾 維新 漫画:暁月 あきら)


めだかボックス 10 (ジャンプコミックス)めだかボックス 10 (ジャンプコミックス)
(2011/05/02)
暁月 あきら

商品詳細を見る


 10巻は、んー……まあ、僕の中ではつなぎみたいなところで。
 ただのバトルになってしまったら、僕には魅力がなくなってしまうわけですよ。口先で戦うのがめだかボックスだ!という偏見に基づいているわけだが……とりあえず、前生徒会長は思った以上のかませキャラっぽかったのに、なんか活躍されても別にどうという風にも思わないんだ。
 任意で認識されなくなるってのは、僕の小説に出てくるアオさんからか!?などと身内で盛り上がる事はあれど、そんなわけもなく。そして黒神ファントムの強化版とかって言われても、ね。
 それに蛾々丸ちゃんの方が魅力的でしょ?

 ま、何よりもただのバトルマンガに興味はない!

 そして過負荷達の後には、安心院さんが待っている事もよくわかったわけで……安心院さん能力バトルの常識を破って強すぎ。1人につき1つの能力なんてルールはなかったんだなぁ。
 そうそう、僕はジャンプでも読んでいるのでこの先がどうなるのか知っているのだけれど、球磨川のあまりにかっこいい悪役らしからぬ台詞からは、どうしても悲愴な最後しか思い浮かばなかった。
 例えば、最初の試合に出てるから最後の会長戦には出られないだろうと予測する。すると会長戦に出てくるのは半袖。半袖をどうにかしないと出られず、正喰者で「はじまりの過負荷」がどうにかなってしまう……というような展開を想像していた。
 もしもそうだとしたら、球磨川はもっともっとマイナスに堕ちていったに違いない。でも僕はちょっとその展開は面白そうで見たかった。だって球磨川が改心したら、黒神めだかイズムが世界において絶対に正しい!みたいな風潮になりかねないじゃないか。
 つい、昨日くらいに「悪魔の代弁者」という言葉を使ったのだけれど、反対意見や対立は常に必要だ。球磨川のようなタイプの存在をありのままに認める方が、僕は清濁併せ呑む黒神めだかであるという風に思う。

・帝一の國 1巻 (古屋兎丸)


帝一の國 1 (ジャンプコミックス)帝一の國 1 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
古屋 兎丸

商品詳細を見る


 出た!またまたトンデモな感じの学園マンガ!帝一くんがとんちをきかせたり仲間と協力したりしながら、人望を得て国造りをしよう的な話……だけど、最初だからなのかスケールが小さい!いきなり帝王学を駆使して凄く強いなんて奴だったらリアルじゃないけど。伝説みたいな物を打ち立てる様が見たいですな。
 あと、参謀が強すぎ。キャハ!とか言っててくれていいんだけどな。テストの勝負で自己採点で勝ったとか負けたとか言うんだったら、ズルしないか?僕なら全部100点で勝ったと言うぞ。
 そんな、純粋さがどことなく楽しくもマンガっぽくて面白い。2巻以降が楽しみ。でも、インノサン少年十字軍の終わりはもっと楽しみ。

・嘘喰い 20巻(迫稔雄)


嘘喰い 20 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 20 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/03/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る


 えー、嘘喰い20巻……読んでみたら、あれ?何のゲームやってんだっけ?としばらくわからなくなってしまって、結局前の巻から読み直し。ああ、そういえばもうゲーム始まってたっけね!
 でも、色んなところで色んな事件起きすぎ。戦いも始まりすぎ。もうちょっとコンパクトにして!
 頭脳バトル戦もバトル戦も良いんだけど……どっちかがちゃんと終わるように見せてくれないと、なんか中途半端に色んな場面を見せられて困る。今だったら基本はマルコの方が見たいかも。
 頭脳バトルの方は、かなり地味展開というかなんというか……でも、ただのバトルマンガなら見ないよ。


・変ゼミ 5巻 (TAGRO)


変ゼミ(5) (モーニングKC)変ゼミ(5) (モーニングKC)
(2011/03/23)
TAGRO

商品詳細を見る


 待ってました!アニメ化なんてするずーっとずーっと前から読んでいたし、このギャグはえげつなくて面白いと思っていたんだ。今更、アニメになったとかなんて話題になるのが遅すぎるぜ!
 キャラが増えてきているのはいい!もっとキレたキャラがいっぱい欲しい。水越先輩が1人で全部持ってっちゃう感じだったし。ギャグはちょっとくらいキャラが多くても問題ないし、使い捨てしても良いジャンル!
 変態が好きな友達は水越さんが一番好きと言っていた。僕は断然、松隆しか考えられないね。
 僕がキャラ萌えで深く語るとか珍しいわけですよ。基本そっちに行っても、見た目が好きとかそういうので終わるからね。ぬらりひょんの孫も羽衣狐の為に読んでたくらいだけど、別にその背景とかどうでもよかったし。
 松隆好きってのは、めだかボックスで言うと古賀いたみ好きとちょっと似てる。普通が好きです。でも日塔奈美はあんまり好きじゃない。だってあの人、普通じゃないもん。

・一年生になっちゃったら 7巻 (大井昌和)


一年生になっちゃったら (7) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)一年生になっちゃったら (7) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/04/12)
大井 昌和

商品詳細を見る


 僕はこのマンガを何度も読み返しているんだけども、6巻くらいから絵柄がかなり変わった。主人公は1巻と比べるとかなり目が小さくなった。他にもヒロインキャラもかなり顔立ちが変わった。変わり身の術?それとも何か画材を変えた?
 マンガっぽさが好きなので、そういうところにはあまり気を配らないんだけども……これは変わりすぎだよ!烈火の炎だよ!いや、烈火とはちょっと違うな。なんていうか、違うキャラになっている?島本先生的に言うと、キャラクターがいなくなった……?
 そんな雰囲気。でも、展開的にはもうすぐ終わりなのか!?という引きだったので、ラストまで期待しております。

・超級!機動武闘伝Gガンダム 4巻 (島本和彦)


超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11)超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11)
(2011/04/26)
島本 和彦

商品詳細を見る


 たぶん、僕はGガンダムにそれほど入れ込んでいなくて、どちらかというと島本先生が好きだから読んでるわけでありますが……3巻でさすがにやりすぎたのか?と思うほどにシリアス展開を含んだ感じになっております。
 レインはまだまだギャグ方面のままだし、コマの数を稼ぐかのようにお茶をこぼしたりする……なので、たぶん4巻まで買ってる人はGガンダムが好きな人ではないと思う。
 島本先生……本分はGガンダムですよ!島本先生のマンガであると同時に、Gガンダムのファンを忘れないでくださいね!本気でぴかりモン状態になってますよ!

・モテ虫王者カブトキング 1 (尾玉なみえ)


モテ虫王者カブトキング 1 (ジャンプコミックス)モテ虫王者カブトキング 1 (ジャンプコミックス)
(2011/05/02)
尾玉 なみえ

商品詳細を見る


 5月からは尾玉なみえラッシュ!なんか色々出ます。缶バッヂが抽選で当たったり、キスマーク入りサイン色紙が抽選で当たったりします。全国に尾玉なみえファンってどのくらいいるんだかわからんけど、何やら高確率で当たる臭いがぷんぷんするぜェー!
 内容の方は……あ、これ知ってる。太臓もて王サーガだ!

 でも、下品レベルでは尾玉なみえ先生の方が不条理さが強い。大亜門先生、もう1回連載お願いします。シリウスでいいです。尾玉先生と一緒にジャンプの下品作家同盟みたいな感じで行きましょうよ。

・べしゃり暮らし 12巻 (森田まさのり)


べしゃり暮らし 12 (ヤングジャンプコミックス)べしゃり暮らし 12 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/05/19)
森田 まさのり

商品詳細を見る


 うあああ!やっぱりじゃないか!蒼太!べしゃり暮らし解散!というか、1人抜けですよ。でもそれが一番の形なんだって3人が納得出来ている。友情ものですね。笑ってお別れ的な。
 でも、こうした経験が放送作家としての強みになっていくのかも!?と思うと、良い別れだったんだな。佳祐達の今後の展開が楽しみではあるが、それ以上に気になっているのがニップレスの2人とか、辞めていってしまう2人とか……あと、ロッテンマイヤーズとか!
 わざとレベル下げて書いてるとどこかで答えていたけど、僕、べしゃり暮らしに出てくる漫才のネタとか好き。

・アイアムアヒーロー 6巻 (花沢健吾)


アイアムアヒーロー 6 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 6 (ビッグコミックス)
(2011/05/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る


 さあ、仲間が増えるぞ!?というところよりも、ヒロインと思われる女の子の激変っぷりにショック。こいつはZQNを克服する為の聖母みたいな感じになっていくのか!?そういえば花沢先生の作品に共通する悪女はみんなショートカットの法則も回避してるし、半ゾンビ的な状態が強いのかもわからん。
 そして、英雄!さすがだよ!ショットガン持ってれば最強と言われてまんざらでもなくなっちゃって、しかも最強ならハーレムとか何とか言われて、ちょっとにやけちゃったりなんかして!
 この弱いヒーロー像!これこそ21世紀のヒーローだね。弱さの上に成り立つヒーローはかっこいい。でも、英雄はちょっと弱すぎじゃなかろうか……いや、そこが花沢先生らしいんだ。いいんだ。
 関係ないけど、花沢先生のツイッターは面白いので、下ネタ好きな人は是非見に行こう。




 さーて、こんなところでした。
 来月はラッシュなんで、楽しみではありますが……!どうしても読み返しの時間が減ったりして、薄く楽しむ羽目になるわけです。
 僕は何回も読んで楽しみたいのです……

 気になるラインナップはこんな感じ。

2011-06-07
たおれて尊し!(1)

2011-06-09
人間失格 3

2011-06-10
アオイホノオ 6

2011-06-17
嘘喰い 21

2011-06-17
霊能力者小田霧響子の嘘 6

2011-06-27
天元突破グレンラガン (7)


 あ、思ったよりは少ないかも。行けるな、これなら。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

NANA (ex.礎-stela-,青症候群)

Author:NANA (ex.礎-stela-,青症候群)
礎-stela-、そして青症候群でおなじみ?NANAです。
ネットでビジュアル系っぽい事をしています。
作品はmyspaceで聞けます。

Twitter
myspace (青症候群)
pixiv
ustream.tv DTM専門チャンネル

Twitter
こっちも要チェックや!
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。