スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月、5月に読んだマンガ書評

 何やら他の作業ばかりしていて、これ忘れてました。

 そんなわけで、4月と5月に読んだマンガの書評を書いていきたいと思います。
・めだかボックス 4巻 (原作:西尾 維新 漫画:暁月 あきら)

めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)
(2010/04/02)
暁月 あきら

商品詳細を見る


 フラスコ計画編が本格スタート。バトルマンガに成り下がったのですが、僕はこのマンガは口プロレス要素の方が多いので、その辺が目当てで読んでいるのですが……。

 そんな口プロレスの中でも、怪しい奴が出てきたのが4巻です。大量殺人犯だそうです。うーん、こいつと戦う事は可能なのか?全ての結論が殺人へ結びつく男。こういう方向でアブノーマルな奴が出てくると、HEROESみたいに能力者って困り者もいるなという判断になるわけだ。
 しかし、宗像の攻撃方法があまり殺人的ではない。最初から拳銃使って殺せば良いのに。

 まあ、きっとなんだかんだでこいつは殺人犯じゃないんでしょうな。やり方がぬるい。快楽殺人というわけでもないようだし。少年誌じゃ無理な奴なんだ、きっと。

・ぬらりひょんの孫 10巻(椎橋 寛)

ぬらりひょんの孫 10 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 10 (ジャンプコミックス)
(2010/04/02)
椎橋 寛

商品詳細を見る


 お話よりも何よりも、カードゲームになるんですよ。そっちが気になってます。羽衣狐の黒髪にドキドキ。それだけ?ええ、まあ、そんなところです。

・To LOVEる-とらぶる 18巻 (脚本:長谷見 沙貴 漫画:矢吹 健太朗)

To LOVEる-とらぶる 18 (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 18 (ジャンプコミックス)
(2010/04/02)
矢吹 健太朗長谷見 沙貴

商品詳細を見る


 ついに完結!全国の男の子にドキドキを伝えてきた素敵マンガも堂々の完結。マンガらしさを求める僕には、良いマンガでした。とにかく、このマンガはストーリーのオリジナリティとかじゃない。絵を見せる為に展開を用意するのだから。
 こういうのがマンガなんだと思う。芸術とかじゃないんだよ。何やら対談も収録されていて、製作中の裏話とかも面白かった。矢吹先生、またジャンプに帰ってきてね!

・べるぜバブ 5巻(田村 隆平)

べるぜバブ 5 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 5 (ジャンプコミックス)
(2010/04/02)
田村 隆平

商品詳細を見る


 迷走してるよね、このマンガ。正直ガチで戦われると、僕はただのバトルマンガに興味はないのでどうでもいいなって思うわけですが。男鹿はもう強くならなくていいです。坊ちゃんが成長すべきです。
 魔界へ来てるので、次で坊ちゃんの成長が見られるかな?

・も?れつバンビ 3巻(柏木ハルコ)

も?れつバンビ(3) (ヤングマガジンコミックス)も?れつバンビ(3) (ヤングマガジンコミックス)
(2010/04/06)
柏木 ハルコ

商品詳細を見る


 ついにバンビが初勝利する。まあ、恨みで戦っても勝てはしないという話です。しかし、勝ち上がるというのは蹴落とすという事と同じなわけで、その辺が非情な世界だとは思うのだけれど。
 まあ、物語の都合上バンビは強くなっていくだろう。でも日和はどうなんだろう。バンビと共に成長していかなければならないのではないだろうか。その辺と、後は闘牛ブログやってる人がストーリーにどう絡んでくるのかも大事かな。

・ちゅーぶら!! 5巻(中田 ゆみ)

ちゅーぶら!!(5) (アクションコミックス)ちゅーぶら!!(5) (アクションコミックス)
(2010/04/12)
中田 ゆみ

商品詳細を見る


 昔、少女マンガは苦手だった事を思い出す。少女マンガっぽい展開をされるとなんだかなぁって。まあ、最近のマンガは日常をベースとしているので、こういう身近な問題をマンガにする方が評価されたりするのかもしれないけれども。まあ、下着に対するどうでもいい知識を手に入れる学習系のマンガだと思うので、これはこれでいいのか。

・LIAR GAME 12巻 (甲斐谷 忍)

LIAR GAME 12 (ヤングジャンプコミックス)LIAR GAME 12 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/05/19)
甲斐谷 忍

商品詳細を見る


 なんとなく椅子取りゲームが始まった頃から、僕はヨコヤと共同で戦って作務衣を潰すんじゃないかと考えていたのだけれど、予測は裏切られつつあって、なんかヨコヤがかわいそうだぞ!
 なんとなく物語の結末を急いでしまいたい感じが自分の中にはあって、でもゲームを1つ1つ楽しみたいというのもあって。とにかく続きが気になっている事だけは確か。

・べしゃり暮らし 10巻 (森田まさのり)

べしゃり暮らし 10 (ヤングジャンプコミックス)べしゃり暮らし 10 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/05/19)
森田 まさのり

商品詳細を見る


 さあ、3人になってお笑いの専門学校へ!なんだかわからんが同じ高校から何人も行ってるところが奇妙。Fakeな2人は大丈夫なのか。
 この世界のお笑いに出てくるギャグはつまらなくしようとしているという話をどこかで読んだのだけれど、そんな事はない!アグレッシぶーにしろ、おしりっぴょーんにしろ、どれも見たら笑うって。
 お笑いの専門学校っていう存在自体が結構不思議ではあるのだけれど、そんな養成機関が実際にあるわけだから、マンガより面白い現実だなぁ。
 お笑いって、感覚的に楽しんでいるのかと思っていたけれど、そうではなくて研究すべき分野でもあるんだね。

・アイアムアヒーロー 3巻 (花沢 健吾)

アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
花沢 健吾

商品詳細を見る


 こんな事態になってしまったら役に立つと思われていた米軍基地もすっかり役に立たない。主人公の英雄は運良く難を逃れ続ける。電車もダメ、タクシーもダメ。出会う人がことごとく既に感染しているので、感染していない人が出てきた場合、この人は一時的に行動を共にするんだろうというのがまるわかり。
 比呂美はてっこに代わるヒロインとなるのだろうか。でも、学生だから犯罪ですよ。
 
・セルフ 4巻 (朔ユキ蔵)

セルフ 4 (ビッグコミックス)セルフ 4 (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
朔 ユキ蔵

商品詳細を見る


 最終巻でした。なんだかんだいって師匠が一番面白かった。なんだろう、マンガなんだからラストはもっとどーんとパラダイムシフトしたような落ちでも良かったんじゃないかなと思う。
 ヒロインはやっぱり宇多だよね。泉さんも良いけど。
 でもね。一般的な男だったら、どう考えても主人公のスペックを持ってる状態だったら研究なんかしないで、普通にたくさんの女性と関係を持つ方を取ると思うよ。

-------------------------------------

 なんだかんだでバトルマンガ嫌いとか言いながら、ぬらりひょんの孫だとかべるぜバブを切ってないのはジャンプマンガだからでしょうね。そういや、ハンター×ハンターがまた休載に入ってしまったわけで。

 王を贔屓してた僕としては、護衛軍の連中が死んじゃったりするのは微妙な展開だったし、ヒソカが成長して欲しくて殺さないでおいたゴンが、あんな風になってしまったら壊れた玩具に興味ないよね。
 なんていうか、見たくなかった展開まで見なきゃならないのが嫌なので、もう読みたくない続きが載っているジャンプでなくなったのは僕としてはちょっと気が楽になった。王は最後までコムギに勝てないまま終わるのかな……。

 まあ、蟻編が僕の望んでいなかった話の展開だったとしても、連載されてしまったのでそれはしょうがないのだけれど、もっと少年にとって夢のある世界を描いていて欲しかったなぁ。


 さて6月の予定は……

べるぜバブ 6巻
幻覚ピカソ 3巻
アオイホノオ 4巻
嘘喰い 17巻
謎の彼女X 6巻

 このようなラインナップ。幻覚ピカソが最終巻ですな。謎の彼女Xはどんな展開をしているのかも楽しみ。
アオイホノオはいつもどおりでまあまあなんだろうなぁ。



 ↓おまけにポチッと押してくれたら嬉しいな。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

NANA (ex.礎-stela-,青症候群)

Author:NANA (ex.礎-stela-,青症候群)
礎-stela-、そして青症候群でおなじみ?NANAです。
ネットでビジュアル系っぽい事をしています。
作品はmyspaceで聞けます。

Twitter
myspace (青症候群)
pixiv
ustream.tv DTM専門チャンネル

Twitter
こっちも要チェックや!
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。