スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月に読んだマンガ書評

 さて、そんなわけで大量に発売されると予告していた2月でしたが、無事に乗り切る事が出来ました。

 今日は量が多いけど、行くぞー!

・LIAR GAME 11巻 (甲斐谷 忍)

 椅子取りゲームはじまりはじまり。基本的には、ガヤの使い方、資金の使い方などが複雑なアナログゲームです。デジタル要素は、時間を知らせる時計とか、そのあたり。やっぱりテーブルゲームを派生させたゲームは断然面白いです。派閥も三国志状態。今後が気になる。やっぱりヨコヤを仲間にするんだろうか。
 映画でファイナルとか言ってるけど、今の展開の面白さって、1vs1でない時の秋山の立ち回りとかだと思うんだよなぁ。
 そこらへんの差があるのかもしれないけど、明らかに実写になってない部分のゲームの方が面白いです!

・人間失格 2巻 (原案:太宰 治 漫画:古屋 兎丸)

 酒に溺れ、女に溺れ……色んな女の人を頼ってなんとか生き延びている主人公。死にそうになると助け船のように女の人が現れて、助かる。あら、不思議。でも彼の今までの処世術にかかればみんな落とせてしまうんですねぇ。
 僕もこんな風にべしゃりの上手い人間になりたいモンだ。で、タバコ屋の娘に恋をするわけだが、どうもお互い上手く行きそうな気配。さあ、ここでどんな風にひっくり返されてしまうのか。
 人生は常に上手く行かない事との戦いなので、そう簡単に上手く行く話ばかりがあるわけがない。何かこっぴどい目にあって、それでもやっぱり死ねない……みたいな事になるんじゃないかと思う。
 いい事ばかりはありゃしないのだけれど、この生活なら失格じゃないと言ってあげたい。

・インノサン少年十字軍 中巻 (古屋 兎丸)

 上巻の次は下巻だと思っていたら、まさか中巻があるとは。聖地エルサレムにいる異教徒を退治すべく結成された少年十字軍。しかし、奇跡の喇叭は、実はやらせだった。今までよくしてくれた騎士団に、実は売上や貢ぎ物を搾取されている事もわかり、騎士団とは縁を切る事に。

 そして、大金を持ち歩く少年十字軍に山賊が迫る!十二使徒と決めた仲間が1人殺され、その他にも一緒についてきた少年が犠牲になった。ほら、やっぱり犠牲になるんだ。上巻は少年達が夢を語るから思わず乗せられてしまうけれど、やっぱりそんなに上手くいくはずがないんだ。
 さらには、騎士団の連中を敵に回してしまったので脱走する者も現れる。十字軍は乱れるばかり。
 そして、脱走しようとした十二使徒の内、一人が仲間によって刺される。ああ、内ゲバまで始まってしまった。

 少年達は思い出す。笑って過ごせたあの頃に戻りたい。これは少年達が現実を知って逃避したいと言っているのだ。
 僕はニコラが結構好きな奴なので、ニコラはこれを精神力、そして仲間の協力で乗り越えて欲しいと思う。
 エティエンヌは様々な宗派の在り方を見て、自分なりの宗教へのスタンスをはっきり持って欲しい。弱って女の子にすがってる場合じゃないぜ。
 下巻でどのくらいの少年が犠牲になるのかはわからないけれど、恐らく残るのは一人……。そんな予測をしながら、僕は来年までこの漫画の続きを待つ事になったわけだ。
 上巻を読んで、続きはどうせバッドエンドに向かってしまうんだと予測出来ていて、中巻でバッドエンドへの道のりが完全に敷かれてしまったので、もうどうにか少しでも救われるようになってくれと願ってしまう。


・チャンネルはそのまま! 2巻 (佐々木 倫子)

 HHTVというテレビ局には「バカ枠」という採用枠がある。そしてそのバカが巻き起こす予測不可能な事態や、意外な盲点を見つけて、ぬかりなく事を運ぼうというような設定の話だ。動物のお医者さんの作者が描いているので、なんとなくテンポがいつもどおり。星井さんが輝きすぎの第2巻でした。
 動物のお医者さんやHEAVEN?でノリはわかっているので、安心して読める。なんだろう、壮大な長編とかではなくて、小さい話を1つ1つまとめるのは結構難しい。

・も?れつバンビ 2巻 (柏木 ハルコ)

 大盛一号がまさかの敗北。しかし、種牛として生き残る道があるという事をバンビは知った。死ぬか勝ち続けるかではない、第三の選択肢があるだけで喜ぶわけだ。
 バクマンにもあったのだが、同じ仕事をしている奴に責任をなすってはならないという教訓がある。バンビは飼い主にもっとオレの事をわかってトレーニングしろと思っている。バクマンでは、漫画家が編集部の人にもっとオレの事をわかってくれと思っている。上手く行かないのはトレーナーのせいだ、編集のせいだ。
 そこをバクマンでは、編集部のせいにするのは間違いだと一喝している。僕は半分くらい編集のせいもあると思う。
 だって、バクマンの編集部の人、一部は本気でダメっぽいし。
 まあ、そこを乗り越えて面白い漫画を書けみたいな話だとは思うけどね。
 バンビの方は、自分から鍛えようって気になってきてるみたいだけど、どうなる事やら……。第3巻に期待。柏木先生、エロ描かなくてもいいようになって良かったね!

・べるぜバブ 4巻 (田村 隆平)

 もういまいち何がなんだかわからない漫画になってきている。バトル漫画ってくくりでいいのかな。
 集めてる意義が感じられなくなってきている作品ではある。坊ちゃんが強く大きくなるところが見たいですな。

・弁護士のくず 10巻 (井浦 秀夫)

 この漫画の作者、訴えられてたんですよ。内容がパクリだとかそういう話で。でも、パクリ元とされているのが「ドキュメンタリー」なわけで……。純粋な創作作品じゃないわけですよ。
 というわけで、完全勝利だそうです。おめでとうございます。いちゃもんに負けないでください。でもサンシャイン牧場のやりすぎは勘弁してください。

・ぬらりひょんの孫 9巻 (椎橋 寛)

 畏れの使い方講座編。だんだん能力バトル漫画になっていきますな。僕は妖怪マンガは好きだけど、バトルマンガは好きじゃない。妖怪のお医者さんみたいな作品に、今からでもなれないだろうか。なれないだろうな。


・屍鬼 7巻 (藤崎 竜)

 藤崎先生、ごめんなさい。僕は屍鬼は完結したらいっぺんに読む事に決めました。誠に申し訳ありませんが、新刊は買っても完結するまで読みませんのでご了承ください。

・めだかボックス 3巻 (原作:西尾 維新 漫画:暁月 あきら)

 生徒会vs風紀委員編がメインで、それが終わって十三組の十三人編が始まるあたりまで。どう考えても都城王土の天然ギャグセンスが高すぎ。自発的に行う行動にすら許可を与えるとは、王土面白いよ。
 言葉の威力で攻撃するってのは、いかにもで饒舌な西尾維新にはぴったりな能力だよね。
 古賀いたみの逆さまが気になる。

・To LOVEる-とらぶる 17巻 (脚本:長谷見 沙貴 漫画:矢吹 健太朗)

 17巻出ました。最終巻かと思って買ったら、まだ終わらない!すげェー!矢吹先生これ以上何を修正するんだ!
 迷い猫オーバーランとか読み切りとか画集とか忙しいのに、コミックスの修正までするなんて、よっぽどだ!

 でも、ちょっと冷めた気持ちの時に読んでしまうと、いやいや、そんなに上手く尻を触れないよとか思ってしまう。もっと邪な気持ちで読まなければ。

・アニメ店長 4巻(島本 和彦)

 出ました、4巻。10年かけて4冊も出しました。長かったですね。で、結局アニメ店長っていうからにはアニメイトが基本なわけで。アニメイト行かないと、全く意味ないわけで。
 兄沢のカードとかは欲しかったけど……。島本和彦を安売りしたアニメイトって表現は面白かった。
 ちょっとネタ切れ感があるので、頑張って欲しい。いや、もうやめて違うマンガで良いのかもしれない。

・マコちゃんのリップクリーム 4巻 (尾玉 なみえ)

 祝!4巻達成!尾玉作品史上初の4冊目!調子に乗ってスクエアとかで連載するみたいな話を聞いているが、容赦なく行って欲しい。
 でもね。マコちゃんのリップクリームは、一度にたくさん読むんじゃなくて一ヶ月に一回くらいの割合で読みたい。となると、もしかしてシリウスを定期購読すべきか。

・Sillyなコダマ 3巻 (鈴菌 カリオ)

 完結しました。結局は妄想全開マンガである事に変わりはなく。なんかこの作者と知り合いたくないような、凄くお近づきになりたいような、そんなもやっとした感じ。いつかは飽きてしまうのだけれど、何も読む物がなくなった時には仕方なく読んでいるのかもしれない。あれ?褒めてないな、これは。
 でも、読む物がなくなった時でも読まないマンガというのもあるので、それよりは上という事でしょう。やっぱり褒めてないな。でも乙女ウイルスの頃から好きです。


 というわけで、14冊。配分すると2日に1回のペースでした。

 3月は買うマンガの予定が少ないです。

ゲキトウ 完全版
嘘喰い 16巻
真島、爆ぜる 2巻
天元突破グレンラガン 5巻
デトロイト・メタル・シティ 9巻
ユリア100式 12巻

 正直、ゲキトウの完全版が出るのは嬉しい。やっとゲキトウはいつ出るんだというネタから解放されるわけです。
 量的に大した事ないけど、濃い感じなので。

 漫画も整理しないと量が多いので大変ですよね。どこかの古書店みたいに無尽蔵に入ればいいのに。
 あと、大東京トイボックスのうめ先生がキンドルで作品を出したそうなので、それが気になって気になって……。

 漫画の電子化は賛成なので、どんどんしてください!正直、集英社専用マンガブラウザみたいなのがあってもいいので!講談社専用、小学館専用ぐらいの勢いで課金されてもいいので!

 要するに、マンガ病なわけです。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

NANA (ex.礎-stela-,青症候群)

Author:NANA (ex.礎-stela-,青症候群)
礎-stela-、そして青症候群でおなじみ?NANAです。
ネットでビジュアル系っぽい事をしています。
作品はmyspaceで聞けます。

Twitter
myspace (青症候群)
pixiv
ustream.tv DTM専門チャンネル

Twitter
こっちも要チェックや!
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。