スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月+10月初頭に読んだマンガ書評

 なんだか拍手ありがとうございます。ボブちゃんのオリジナルデビュー曲はもうちょっとお待ちいただければと思います。
 MOTに関しては、あと1週間程度で課題が終わるので、そこから先は悠々と色々な事が出来るわけです。
 でも、MOT取れたらインストラクターやらないとな?なんて事も考えております。

 さて、先月はサボったので、今月まとめてやっちまえってな具合で、8月、9月、それから10月の頭に読んだマンガの書評をしていこうかと思います。皆さんの購買意欲をそそる事よりも、自分が何を思ったかの備忘録的な役割の方が大きいわけで、そんなわがままですが、お暇ならばおつきあいくださいませ。

・ぬらりひょんの孫 6巻 (椎橋 寛)

 正直、ついさっき7巻を読んだので7巻の印象がかなり濃い状態ですが……。四国妖怪編決着という事で。
 あまり長い展開にしないから、単行本区切りになっていて読みやすい。邪魅編では、人間が悪役になるという妖怪マンガにはありがちな、そして読みたい展開な話があったり。
 でも、人間の方が妖怪よりも悪っていう構図は抜け出せる事が出来ない構図なんだろうかとも思う。もうみんなわかってるでしょう。妖怪も人間も白黒ははっきりしていないって。だから、そこから生まれる構図みたいなのを描いたらどうなのかと。いや、それじゃ面白くないだろうな。

・魔人探偵脳噛ネウロ 23巻 (松井 優征)

 堂々の完結!すがすがしいほどに見事な完結でした。近年まれにみる打ち切られずに終わったジャンプマンガという事で評価をさらにあげた感じ。
 シックスが敗北を感じる瞬間は、とてつもない敗北感だったんだろうなにやにやとしながらでした。でも、人間と手を組むようになった魔人ネウロっていうのはもう見たくない。
 あくまで人間は家畜。家畜を守る為に虫を駆除したんであって、決して仲間ではない!そういう風に思いたい。
 おまけ収録の離婚調停は、ネウロで培った技術とはまた違った絵柄だったけれども、これはこれでいいんじゃないかと。ネウロの時とは違った物でヒット作を描くっていうのは大変な事だと思う。でも松井先生なら出来る!信じて待つばかり。

・LIAR GAME 9巻 (甲斐谷 忍)

 インフルエンザが流行する中、パンデミックなゲーム。人を疑う系のゲームではあるけれど、デジタル処理がくわわった感がアナログゲーマーとしては許せない。カイジの限定じゃんけん的なアナログ感がたまらないっていうのに。パンデミックならパンデミックをやりなさい!という気持ち。でもボードゲームのパンデミックは協力するゲームだからダメだね。

・臨死!!江古田ちゃん 4巻 (瀧波 ユカリ)

 あまり、4コママンガを買ったりはしないんだけどこれは面白いと思っているので。というか、面白いと思うマンガはみんなアフタヌーンで連載しているという。
 でも、江古田ちゃん、言うほど負け組なのか?一歩だけ間違えているんじゃないのか?

・謎の彼女X 5巻 (植芝 理一)

 完全に謎じゃなくなった謎の彼女こと卜部。淡い青春物語になるけれども。前から言ってるんだけど、唾液以外の要素の謎を作らないと、ほとんどバレてしまったような物なので、後はもうこの甘酸っぱい恋愛を楽しむくらいしかないのかなっていう気はする。まあ、見てるだけで楽しいけど。
 なんていうんだろう、ジュブナイルなロマン?

・アイアムアヒーロー 1巻 (花沢 健吾)

 今までダメ男がプチヒーローになる物ばかりを描いてきたので、今回もそうなのかなと思ったら、なんだかゾンビじゃないですか。
 1巻だけじゃわからん楽しさなのかも。序章としてはとても面白い。
 でも、1巻だけだと今までのルサンチマン、ボーイズ・オン・ザ・ランのような熱さが伝わってはこない。色んなの描けるんだぞっていう事なのかな。2巻以降の展開が楽しみで仕方がない。

・べるぜバブ 2巻 (田村 隆平)

 バトルマンガとしての道を歩んでいるべるぜバブ。個人的には坊っちゃんが覚醒していったら面白いと思うんだけど、何故か男鹿が強くなる。
 ラブコメ的な要素も盛り込んでいくつもりなのか、女番長も登場。どう考えても埼玉紅蠍隊しか思い出せなかった。でもゴスロリキャラがいるので、それだけで買う価値ありなモンです。そう、僕はゴスロリが好き。

・幻覚ピカソ 2巻 (古屋 兎丸)

 古屋先生、絵を描くのが好きなんだろうなぁっていうのが伝わってくる第2巻。やっぱり1話完結のスタイルのマンガの方が古屋先生には合っていると思いますよ!
 十代の悩みを描くというコンセプトになったような気がする2巻でしたが、エヴァのパロディが出てきたり、腐女子の思考回路を絵にしてしまったり、脳内彼女を別れさせたり……話の種が尽きないか心配。
 まあ、人の数だけ悩みがあるから、それに対しての解決の一手をさしのべるっていうのは、ピカソでなくとも誰でも出来る事なのではなかろうか。それに気づいたら、後は実践するだけだ。

・ゲゲゲの鬼太郎 新妖怪千物語 3巻 (原作:水木しげる 絵:ほしの竜一)

 これでほしの竜一版ゲゲゲの鬼太郎も終わりです。アニメ第5期が中途半端に終わったのはいただけないので、マンガではせめて完結してほしいなと思っていたけれど、それも叶わず。
 鬼太郎好きとして集めていたけれど、これはどうなんだろうという感じ。最後までノリが低学年向きのマンガだったのは、ある種素晴らしいと思う。
 鬼太郎好きとはいえ、低学年向きのマンガを僕が買ってるのがおかしいのか。

・ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日 6巻 (原作:横山 光輝 脚本:今川 泰宏 漫画:戸田 泰成)

 一区切りのついた第6巻。キャラがごたごたーっとしていておいてけぼりをくらうのが、ジャイアントロボの魅力なのです。
 あと、横山光輝のキャラを使っているので、どうしても中国人率が高い。そこが気になる内は楽しめてないのかも。
 まだまだ読み込みが足りないので、これ以上書けないです、はい。

・嘘喰い 13巻 (迫 稔雄)

 ちょっとズルい気がする嘘喰い。頭脳勝負的な部分が出てくると、マンガの嘘っぽさが出てきてしまうわけです。例をあげるとデスノートでのLvsキラみたいな。
 知能を使っている!というよりは作者が思い描いている運命の通りにキャラが動く!という風に見えてしまい、強引に話が展開しているように感じるわけです。
 今回は、嘘喰いにもそれが感じられたのでもうちょっと自然な流れで勝負して欲しいなぁ。
 特に、部屋に入る時のダメージを大げさにくらってみせるとか。咄嗟の判断にしては出来杉くんじゃない?
 嘘喰いもうちょっとダメージくらえよ!って思わず敵側に肩入れ。

・デトロイト・メタル・シティ 8巻 (若杉 公徳)

 ブームが去った事を自覚してるのか、帯で自虐ネタ。DMCはギャグマンガとしてはもう終わってると思う。やれることやったんだからきちっと終わって次行きましょうって後押ししてあげたらいいのに。
 マンガに限らず、何でも終わりが肝心。最後まできちっとやればいいんだから、無理に引き延ばしたり延命したりしないで、さくっと終わりましょう。そう思った8巻。つまらない訳ではないです。もっと面白い物が描けるんです。

・イキガミ 7巻 (間瀬 元朗)

 読む度に、嫌な感情が残るイキガミ。毎度思うが、何故死なねばならんのだと。あまりに不条理だ。かわいそうすぎる。そんな風に感情が入ってしまうマンガなのかもしれない。
 そして、国繁政策に思想監査まで導入されて、おかしな事になってるし。どうしてそういう悪い歯車を止められないのかと。そこでも悔しい思いをするマンガである。
 僕はこの作品を好きとは言わないし、絶賛もしない。ただ、読まないでいる人には読んでみてくやしがって欲しい。ウシジマくんと同じ系列のマンガ。

・ぬらりひょんの孫 7巻 (椎橋 寛)

 一番冒頭で6巻を書いた後だけど……。過去編が始まったので、マンガ業界全体の過去編の取り扱い方にちょっと文句が言いたい!と思ったので、それについて書きます。
 正直、過去編に対して僕はNoと言いたい。特にぬらりひょんの孫については言いたい。
 何故なら、この作品は奴良リクオの成長物語だと思っているからだ。
 ぬらりひょんの孫だから、祖父の話も知っておかねばいけないとは思うけれど、大々的に特集しなければいけない程なのだろうか。そもそも焦点が孫なのに、孫じゃない方に話が行くってどうなんだ。
 もちろん、後で過去編の伏線が回収されるからやってるんだろうけど、そういう作品の持って行き方がちょっと気にくわない。
 とりあえず、過去編が必要だったと、後で思えるような展開に期待しておこう。

・めだかボックス 1巻 (暁月あきら/西尾維新)

 ついに出ました!待ってました!この1巻が出るのを待ちわびておりました!見事にジャンプ本誌では後ろの方に載ってるし、最寄りのTSUTAYAじゃ新刊なのに棚の端扱いされてたっていう見事なまでにB級マンガ。でも学園変な部活系マンガは好きなので外せませんね!
 西尾維新作品にはあまり触れた事がなかったけれど、基本は中二病設定でパワーバランスが破綻しているという話をよく聞いていた。
 さて、めだかボックスはどうなのか……。うーん、まさにその通り!
 不知火半袖とか、親の顔が見てみたいような名前のキャラもいるし、主人公のめだかに至ってはどこをどう料理しても負けないだろうっていう強さ。
 あと、ツンデレの解釈がなんか自分と違うっていう気もした。

 でも、このマンガが面白いって思う部分はそこではないのです。何より「精神論」と「思いこみ」でキャラの強さが決まるっていうところ。全て言葉の力で戦ってるとしか思えない。
 絵に力が足りていないか?というとそんな事はない。ただ単に台詞がパワーを持ちすぎているのだ。
 言葉に力のある漫画家っているんです。そういう人達の絵を見てみると……上手くはないんです。
 例をあげましょう。福本伸行先生。どうでしょう。言葉のパワーが強いけれど、それを受け入れるだけの、こだわりある絵。正直、あの絵を「上手いか?」と言ったら、上手いとは答えにくい。
 でも、絵だけで見てもパワーがあり、それに見合っただけの台詞を言う。だから、みんな絵と台詞を一緒に覚える。
 もう1人あげましょう。今は亡き青木雄二先生。ナニワ金融道の人です。この人も言葉のパワーが強かった。そして、絵のインパクトも強かった。一度見たら忘れない絵柄があるんです。

 つまり、僕はこうすればいいという構想がある。それは西尾維新が絵を描くという作戦だ。暁月先生は背景を描けばOK。
 まあ、これじゃダメなんですけどね。

 このマンガから語れる事はまだまだあるんだけど……2巻にとっておこうか!




 そんなわけで、めだかボックスだけちょっと長い(というか、それが書きたくて10月頭のマンガも含めた)書評でした。
 10月は、先ほど出てきた福本先生のアカギとカイジが2日連続で発売。それから弁護士のくずの9巻が出るだけなので、のんびり今まで買ったマンガでも読み返したりしようと思います。
 この書評を書く為に、以前書いた書評を読み返したりしましたが……あんまり色々なマンガを読んでいるとは言い難い状況に気づいてしまいました。
 最新のマンガを追ってるので、ある種仕方がないですけどね。

 一番マンガを買ってる時期は、毎日1冊以上買ってました。1年で365冊以上増える計算でしたが……まあ、そういう時期を超えて今のゆったり自分の読みたいマンガだけ読むスタイルになったので、涼しいモンです。

 ジャンプマンガで気になる新連載は、今回は特にないです。めだかボックスとあねどきっ!が続いてくれたら、今は別に何でもいいです。

 取り上げなかった漫画家先生へ懺悔。

 朔ユキ蔵先生、買ったのに書評を書かなくてごめんなさい!照れ屋なのでこんなマンガの感想書けないです!
 鈴菌カリオ先生も買ったのに書評書かなくてごめんなさい!乙女ウイルスの頃から好きですけど、河童マンガはないと思います!
 尾玉なみえ先生にもごめんなさい!どこにも売ってなかったのでネットで買ったら初版じゃありませんでした!思ったより売れてる事にビックリです!売りません!ていうか語ると長くなりそうなんです!

 ああ、それにしても……マンガのある人生は楽しい!
スポンサーサイト

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

カウンター
プロフィール

NANA (ex.礎-stela-,青症候群)

Author:NANA (ex.礎-stela-,青症候群)
礎-stela-、そして青症候群でおなじみ?NANAです。
ネットでビジュアル系っぽい事をしています。
作品はmyspaceで聞けます。

Twitter
myspace (青症候群)
pixiv
ustream.tv DTM専門チャンネル

Twitter
こっちも要チェックや!
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。