スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月に読んだマンガ書評

 はい、というわけで宣伝ばっかりしてるのもなんだかアレなので、僕の好きな漫画の話を書いていこうかと思います。

 僕は趣味にばかりお金を使っているので、音楽関係の他には漫画にお金をよく使います。
蔵書が1700冊程度あります。漫画好きにしては少ないですね。
 ジャンプ漫画がメインで、果ては少女漫画まで読みます。一番好きな漫画は「極東学園天国」です。
 作家単位では、日野日出志先生が好きです。

 それでは6月に読んだ漫画の感想を書いていこうと思います。


・ぬらりひょんの孫 5巻(椎橋 寛)

 八十八鬼夜行との戦いが激化。ついにバトル漫画になってしまったか!?と思いつつの5巻。リクオの成長っぷりはいいんだけど、だんだん日常パートが軽んじられていく印象。妖怪も1体ごとのエピソードではなくなっているから、ちょっと微妙な気がしてきた。でも、キャラクターは好き。妖怪モノだから好き。つららの目の描き方が好き。
 ところで、このぬらりひょんの孫って、単行本ですごく売れてるらしい。ジャンプでは後ろの方に載っているけど、人気あるんだなぁ。


・人間失格 1巻(古屋 兎丸)

 僕の大好きな作家の1人です。太宰治の小説を原作に、今の時代に合わせた形で人間失格をリメイク。これは良いモノだ。恥ずかしい事に原作を読んでいないのだが、この内容なら読んでみたい。
 この人間失格に出てくる女性キャラが生々しい。色々なタイプの女性が出てくるが、総じてどこか不幸な雰囲気を醸し出している。


・嘘喰い 12巻(迫 稔雄)

 警察の地下で繰り広げられる迷宮脱出バトル。なんだか警察側からのお邪魔が入るような気もする展開。嘘喰い vs 箕輪はなんとか頭脳で戦わずに済んだけど、箕輪の戦闘レベルの高さがかなり異常。マトリックスな回避からの攻撃は必見。止め絵で瞬間瞬間を切り取った描き方は、バトル漫画としては珍しいかもしれない。でもそこが魅力。


・ToLOVEる 14巻(矢吹 健太朗/長谷見 沙貴)

 本当にいつも通りです。修正がおいしゅうございます。はい、でも漫画としてどうなのかというと微妙ですね。でも、この漫画には全国の男の子のドキドキが集まってるんです。そこに夢を感じるわけです。
 と、いくら弁明しても萌え漫画を買ってる事にかわりはないか。ジャンプのこっち系の漫画全部好きです。


・マコちゃんのリップクリーム 3巻(尾玉なみえ)

 1巻と2巻は手に入れられなかったので、3巻から購入。普段ならこういう事しないんですが。で、3巻から読んでしまいました。読み切り形式で毎度くだらない事件が起きて、それをリップクリームで適当に解決するという話の連続。尾玉作品はどれも面白いです。あれは下品だとか言われましたけど、好きです。下ネタじゃないのに下品って、ある種の褒め言葉くらいに思っております。


・大東京トイボックス 4巻(うめ)

 ああ、モモが出てこなくなったんだけど、まさかの降板か。悪事を働いたプログラマーはいなくなっても仕方がないが、モモがいなくなるなんて。これは伏線なのだろうか。この作者の漫画、実は他のは読んだ事がないのだけれど、長期連載は大丈夫なタイプなんだろうか。確か前にやっていた連載がそれなりに長かった記憶があるのだけれど、それは違う人だっただろうか……。


・うちの妻ってどうでしょう? 2巻(福満 しげゆき)

 妻の行動以外を描くと微妙になってしまう福満先生。でも、僕は福満ファンなので、どんなのが来てもへこたれない……つもりなんだけど、どうだろう。これは一般で受けているんだろうか。
 そろそろエッセイ漫画以外を描いて欲しいなぁ。生活の2巻、早く出て欲しいなぁ。


・GO HOME(日野 日出志)

 家をテーマにして、核家族化問題や家族の絆の分断などが描かれた短編集。以前は2000円以上した作品だったが、何故かネットで300円程度だったので購入。
 期待していなかったので、思ったより面白かったのがびっくり。やっぱり日野先生は面白い。
 これで、持っていない日野日出志作品はあと2冊だけ。種類で言うともう少しあるのだけれど、作品で言うとあと2冊。ここまで来るのは長かった。
 日野日出志初心者は、まずは蔵六の奇病を読みましょう。



 最近、読み返した漫画シリーズ

・っポイ!(やまざき貴子)

 どことなくBLの香りがする作品。でも、これは青春群像劇だと思う。今度新刊が出るので、読み直し。
 それぞれのキャラの成長過程がゆっくりと辿れるのは、この作品と夏目友人帳くらいかもしれない。
 それとも花とゆめはこういう漫画ばっかりなのだろうか。だとしたら、もっと読みたい。

 でも、この漫画の欠点はキャラの描きわけが微妙っていうところですかね。



 そんなわけで、6月に読んだ漫画書評でした。他にも読んでたんですが、最近集中して読めてないです。生放送とかに時間を取られてますね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

NANA (ex.礎-stela-,青症候群)

Author:NANA (ex.礎-stela-,青症候群)
礎-stela-、そして青症候群でおなじみ?NANAです。
ネットでビジュアル系っぽい事をしています。
作品はmyspaceで聞けます。

Twitter
myspace (青症候群)
pixiv
ustream.tv DTM専門チャンネル

Twitter
こっちも要チェックや!
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。